カラマリのフライ

イギリスの魚屋さんではだいたい2種類のイカを扱っていることが多く、ひとつがスクイード(Squid)、もうひとつはカラマリとかカラマーリ(Calamari)。というもの。

お店によって違うのかもしれないけれど、わたしが行く店に限って言うと、やや大き目を英語でスクイード、小ぶりをイタリア語でカラマーリと呼んでいるようで、先日に書いた「いかフライレシピ」に使ったイカは、スクイードの方です。

 

実はひとつ前の記事で、ピザを食べたらおなかが苦しくなったと書いたのですが、そこで撮った写真を見ていたら、わたしが食べたカラマリフライの画像が出てきました。大きさとしてはスクイードフライだと思うのですが、イタリアンレストランなのでカラマリフライと言って出してるのだと思う。

ピザが焼けるまでの間にこんなのをビールのあてにしていたら、そりゃおなかもパンパンになるはずだわ。

 

 

 

前に注文したときはお皿で出てきたのですが、いつからか盛りつけを変えたみたい。

飾りのパセリがちりばめられ、好みでレモンを絞ったりシーザードレッシングをつけます。

この器だと下のほうまでレモンをかけれない気がしたので、シーザードレッシングに絞って混ぜました。

このスタイル、オシャレかどうかは別にしても、好評なのかチョイと疑問です。

 

カラマリフライ

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリックしていただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。

こちらと

こちらもお願いします

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。

 

 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください