パブ飯 鶏むね肉の粒こしょう風味クリームソースかけ

去年あたりから「金曜日の午後はなるべく働かないようにする」と言っていた夫ですが、その理由は一緒に働いている夫の長男。いつまでも親父が舵を握っていたら、彼もうっとうしいだろうという考えから。

長男はまったくもってポーカーフェイスで、歩く姿も堂々としてるというか急きも慌てもせずというタイプ。でもそれは不動産屋にはちょうどよく、堂々とした態度は相手に安心感を与えます。ちょっとずつまかせていくことに大賛成。

 

うちの内情を書き連ねましたが、いつもは朝8時から夕方の5時半まで働くのですが、金曜日、夫は午後からサッカーワールドカップのテレビ観戦。 なにが起こっているのかは知らないけれど、ときどき夫の悲鳴が聞こえます。そして4時半を回ると、ビールを飲みに行こうと言い出すのでそれにつられていそいそと近所のパブでビール。そして夕食もそこで済ませることにしました。

夫はイギリス人のソウルフードであるフィッシュアンドチップス。わたしはタイトルに書いた鶏むね肉粒こしょう風味クリームソースかけを注文。

「4時半から6時半のあいだはお客さんも少なくて暇なんですよ」とお店の人が言いながら渡してくれたメニューを見てびっくり。夫のもこのわたしのデカい鶏むね肉も、それぞれ5ポンドで、本日の円に換算すると750円以下とかなり安い。いわゆるハッピーアワーってやつでしょうか。

しかも聞くところによるとシェフが変わったらしく、半年前に食べたときよりもおいしくなっている。それをオーナーに伝えると奥からわざわざシェフが顔を見せにやってきました。やっぱり誉め言葉は胸に秘めないで声に出したほうがいいですね。お互いが気持ちいい。

 

茹でたカリフラワー、ブロッコリー、にんじん、それに大きくホクホクと揚がったフライドポテト。付け合わせの中ではゆで加減が絶妙のカリフラワーがいちばんおいしかった。

鶏むね肉クリームソース

 

ところで長男ですが、見ためと違ってとても気が利いて優しい。お昼を食べたあとも簡単に手伝ってくれるし、朝だって気がつけば紅茶を飲みがてら、食器洗い機の中からお皿などを出して片づけてくれていることもある。

一緒に住んでいるわけでもないので朝の片づけは恐縮するけど、大助かりです。

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリックしていただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。

こちらと

こちらもお願いします

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。

 

 

AD

4 thoughts on “パブ飯 鶏むね肉の粒こしょう風味クリームソースかけ”

  1. 義理とは言え良い関係ですね..( ^▽^)
    ⚽観てます..
    今まさに、イングランド戦~
    今朝は、ドイツ戦、ぎりぎりっでなんとか勝ってほっ。
    で、夜中から日本戦!
    睡魔と戦えるか 疑問ですが なんとか頑張ります😃✌️

    1. Shibachanさん
      夫はイングランド戦は男同士で観たいらしく、友達のところに行っているので家は静かです(笑
      日本も頑張ってほしいです!

  2. ( ^▽^)
    男同士ですかぁ..
    なんか、わかる~
    日本はですね~、わかりません..
    厳しいですね
    さっ今からです..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください