極上*簡単 チョコレートブラウニーレシピ

2月≒バレンタイン≒恋(可能であるならばそれは初恋)

結婚していようがアラフィフになっていようが、いまだにこのロマンチックな無限ループにドキドキしてしまいます。

 

きょうのチョコレートブラウニーは5年前、日経ウーマンオンラインさんにバレンタイン特集記事として載せていただいたもの。

じつはブラウニーの持ち味なのであろう、この甘くて重くてどっしりしたのがなんだか苦手だったのですが、とびきりおいしいのに出会ってからは大すきになり、それからなんどか作って自分の好みの濃厚だけどフワリとしたのが完成しました。

 

高さのあるブラウニーに仕上げていますので、特別感もタップリで、華やかなデザートになります。

そしてベーキングパウダーは使わず小麦粉も少ないので、軽くシットリ。

しかも、チョコレートは直火で溶かすので洗いものも減ります(≧∇≦)画期的ですよ〜

 

すぐに食べれますが、翌日以降のほうが味がなじんでさらにおいしいもの。

前もって作り置きしておけるのでかえって便利( ´ ▽ ` )

 

どうしても我慢ができず、ときどき翌日に手を出してしまいますが、個人的には2日目以降ぐらいからがさらに味が落ち着いて好きです。

翌日以降の食べかたですが、このままでもとてもおいしいけれど、食べる直前に10秒から15秒ぐらいレンジで「チーン」して冷たいアイスクリームやホイップクリームを添えれば、フォンダンショコラにも負けない美味しさ!

※イギリス風ではホイップクリームにはお砂糖は加えません。ケーキそのものの味が引き立つのでお試しください。

極上*簡単 チョコレートブラウニー

Chocolate Brownies

パウンドケーキ型1本ぶん 6等分から12等分ぐらい(切り方によって異なります)

【材料】

  • 無塩バター…100グラム
  • ダークチョコレート…60グラム
  • さとう…100グラム
  • たまご…2個
  • 小麦粉…25グラム(振るっておく)
  • 塩…ひとつまみ(有塩バター使用時はなし)
  • くるみやナッツ類…30グラム
  • 粉砂糖(お好みで飾りに)… 少々

 

【つくり方】

1.チョコレートを溶かす
鍋にバターと刻んだチョコレートを入れ、ゴムべらなどでときどき混ぜながら弱火で溶けるまで火にかける。(ボールで湯煎にかけてもいいですが、焦がさなければこの方がぜったい簡単!)

 

2.泡立てる
砂糖と卵をボールに入れ、泡立て器でモッタリするぐらいにまで充分に泡立てる。(スポンジケーキを作るような感じで)

 

3.混ぜる
そこへ1を少しずつ混ぜながら加えますが、チョコは重たく下に沈みがちなので、ヘラ等で受けながら加え、全体にむらがないように底からよく混ぜてください。

 

そして塩、小麦粉を加え、ダマがなくなるまでよく混ぜ、最後にクルミを加える。

 

4.焼く
それをクッキングシートをなどを敷いたパウンド型に流し入れる。10cmぐらい上から1,2回程度ドーンと落として余分な空気を抜き180度に予熱したオーブンで約25分。(お使いのオーブンによって若干の差は生じます)

 

5.あら熱をとる
焼きあがったらオーブンから出し、パウンド型に入れたまま荒熱を取る。充分に冷めたら乾燥しないようにラップなどで型ごと包み、翌日以降は冷蔵庫で保存してください。

チョコレートブラウニー

 

冷めてくると少しトップがへこんだり、こんなふうに割れたりもしますが、問題ありません。中はとてもしっとりしています。

この上から、もしくは切り分けてから、お好みで粉砂糖をかけてください。

チョコレートブラウニー

 

※とても簡単なので特に気をつけることはありませんが、ブラウニーは「焼き過ぎ厳禁!!」です。しっとりが身上。

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリック応援していただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。
どうぞよろしくお願い致します。

こちらと

こちらになります

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。
AD
AD

2 thoughts on “極上*簡単 チョコレートブラウニーレシピ”

  1. イクコ様

    お久しぶりです~
    その節は返事ありがとうございました。
    頂戴していながら、、、、、失礼をしてます。
    いつもいつも愉しく拝見させていただいてます。

    ちょっと時間が取れたら、パソコンへ走って行って、ニンマリ拝見させていただいてます。
    いつもながらの、興味をそそるお写真や、センテンスには、読まずにはいられません^^

    昔を紐解けば、イクコ様のお写真を見て、お母様が、<賢そうな顔している!>
    と、おっしゃったこと。また、植民地をたくさん持っていた事への、謝罪の意味も含めての
    イギリスの博物館の無料化の事をご主人様がおっしゃった事。
    いろいろ言葉の端々が思い出されます。
    私にはなんだか、それが、自身の中にしっくり来るのです。

    そういえば、台湾に駐在しているときに、<撫子会>ナデシコ会と言うのが有りました。
    イギリスにもあるのでしょうか?イタリアには有ったと聞いてます。
    きっとロンドンあたりにはあるのかしら?
    現地の方の奥様になった方々の集まりの会なのですが、皆様活躍なさっていました。
    ご苦労をなさったことも含めて、皆様で助け合っていらっしゃいました。
    もちろん、日本人会の集まりにも参加なさって、ご一緒におしゃべりして、
    一層現地の事が勉強になりました。

    今回のブラウニー、簡単でおいしそうですね!
    時間が取れたら、作ってみようかなあと。

    お料理が好きで、日本の料理研究家の方たちの殆どは、図書館で本を借りては、
    読んでいます。
    堀井和子さんも昔は好きで、と言うか、エッセーも含めてのお料理の紹介っていうのが、
    私には好きなのかもしれません、、、、。
    ですから、イクコ様のファンになったのもそうなのかなあと~

    いろいろもっと書いてみたいのですが、きょうはこの辺で~
    そういえば、ユーチューブなさったのね^^
    愉しく拝見しております。

    mrs-yuko

    1. mrs-yukoさま
      またもやコメントをいただきありがとうございます。
      首都はもちろん、大きい街には日本人会がありますし、お子さんをお持ちの方は日本人学校での会もありますが、うちの街には日本人は少ないのでめったに出会うこともなく、少し寂しいです。
      それで引きこもって料理ばかりしたりブログを書いた延長線で今に至ります。おかしなものですよね。
      過去記事もたくさん読んでいただいていてうれしいです。
      つらつらと書いているので同じような内容が重複することがあるかもしれませんが、気にせず読んでいただければうれしく思います。
      Youtubeもみていただいてありがとうございます。
      もうちょっと撮影の腕をあげなければ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください