鴨のすき焼きレシピ

近ごろわが家では、鴨肉のすき焼きをしています。鴨肉が嫌いでないならいちど試してください。とても柔らかくてジューシーなんですよ。

鴨胸肉のカットしたのを買えればいいですが、そうでなければ5mmぐらいの薄さにカットしたいので、難しければいったん冷凍して、半解凍ぐらいだと扱いやすいです。

見た目は脂っこそうですが、鴨の脂は味があっておいしいので、皮ははがさずに使ってください。

鴨肉

 

 

うちはいつも割り下は使わずに、しょう油、砂糖もしくはみりん、それに酒の関西風の味つけです。

きょうはそんなわが家風をご紹介したいと思いますが、普通のすき焼きの時でも、うちは牛脂は使いません。

 

鴨のすき焼きつくり方

しょう油、砂糖(みりん)、酒は各同量ぐらいを鍋に入れて火にかけます。

鴨胸肉2枚分ぐらいなら、各大さじ4杯ずつぐらいから様子をみてください。

煮立ったらネギ、白菜、しいたけ、豆腐などを入れて鴨肉を一枚ずつ、広げるようにして入れ、煮えたものから溶き卵につけて召し上がってください。

こうして、鴨肉でネギをくるりと巻いたりしてもおいしい。

 

鴨すき

 

鴨肉はあまり火を通しすぎると固くなるので食べる分ずつ加え、野菜などで煮汁が水っぽくなってきたら、しょう油や砂糖(みりん)、酒などを味をみながらそのつど足して整えます。

 

イギリス在住の方から材料についての質問コメントもいただくのですが、お酒がなければ(買えても高いんですよね)鴨肉なら代用として赤ワインを少し使うといいと思いますし、みりんは多くのスーパーで買えますので、それだけでも問題ありません。

溶き卵ですが、イギリスのたまごは生食用には作っていないので、念のため、わたしは温泉卵にしてから食べていますが、それでもじゅうぶんおいしいですよ。

鴨肉は火が通っても、肉の性質上、少し赤く見えます。

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリック応援していただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。
どうぞよろしくお願い致します。

こちらと

こちらになります

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

AD

3 thoughts on “鴨のすき焼きレシピ”

  1. 美味しそう~と
    美味しいんでしょうね~😋😋
    で、卵🐣が生食用ではない?
    餌の関係?  違うか?

    1. Sibachanさん
      たまごですが、たまごかけごはんやすき焼きとかの料理がないので、生食観念がありません。
      なので食べる人は自己責任でということなんです。
      以前、日本に住んでいた時に家族がたまごからサルモネラ食中毒になったので、怖いんですよ〜

      1. あら…、確かにそう言うことあると 用心ようじんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください