【手作り福神漬け】レシピ

カレーだけでも充分におかわりは可能ですが、福神漬けがそこに加わると、さらにスピードは加速します。

学生時代は夜→朝→昼→夜と、2日間、4回に渡って食べることも出来たぐらい好きだったのですが、今はさすがにそこまで出来るかどうか。

この福神漬けですが、おいしい大根が手に入りにくいので考えた末、うちではラディッシュをよく使います。色もわたしたちが知っている「福神漬け」に近い色になるのでなんか満足度もあがりますが、もちろん、本来の大根でとてもおいしいです。手に入るほうでどうぞ!

カレーやピラフに添えるだけでなく、ふつうのお漬物のように白ごはんと一緒に食べたり、お茶うけやビールのお供にもおいしいです。

 

手作り福神漬け

【材料】

  • 大根またはラディッシュ…150グラム(大根なら2~3cm、ラディッシュなら10~12個ほど)
  • なす…100グラム(小さめ1本ぐらい)
  • にんじん…50グラム(1/3本)
  • しょうが…ひとかけ
  • 塩…小さじ1

【A】

  • 酢…大さじ1.5
  • しょう油…大さじ2と1/2
  • 砂糖…大さじ3

【つくり方】

1.切る
すべて4~5ミリ幅ぐらいがポリポリとした食感が残っておいしいです。大根、なす、にんじんはいちょう切り。ラディッシュなら大きさによって半月でもそのまま輪切りでも(なすやにんじんも細いものであれば半月切りなどお好みで)。それに塩小さじ1を加えて軽く混ぜ、10分置いてから水気を絞る。しょうがは千切りにして用意。うちではしょうがの味が主張したのが好きなので、あまり小さくは切りませんが、そこもお好みで。

手作り福神漬け

 

2.煮る
鍋に材料【A】を入れて強めの中火にかける。ワーッと煮立ったら、しょうがと残りの野菜すべてを加え、木ベラで混ぜながら炒るように煮る。煮汁がほとんどなくなったら完成。

手作り福神漬け

手作り福神漬け

※このぐらいの量だと3分ぐらいでサッと仕上げます。煮物ではないのでじっくり煮ると、食感がなくなります。

粗熱が取れたら冷蔵庫へ。すぐに食べられますが、翌日のほうが味が馴染んでおいしいです。うちは1週間ぐらいはおいしく食べていますが、真夏は冷蔵庫の開閉回数も増えますし、早めに召し上がってください。

 

 

AD

4 thoughts on “【手作り福神漬け】レシピ”

  1. もう、さすが!ですね
    食べたければ作る!
    よし、挑戦してみます..💪

    1. Shibachanさん
      いつもコメントありがとうございます😊
      次は柴漬け作ってみたいと思っているのですが。
      上手くいくかな〜?

  2. 福神漬け!ラディッシュでできるんだったらイギリスでもできますねー。無性に食べたくなる時ありますよね。特にこう毎日暑いと😵思ったより材料も少ないしこれなら気軽に作れそう!!
    今度作ってみます(^ν^)

    1. ひろこさん
      コメントありがとうございます😊
      そうなんです!昨日はこれが食べたくてチャーハンを作りました。
      火を通す時間も短いですし熱波のイギリスでも可能かと😍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください