いんげんのバター和えレシピ

まずは水没したiPhoneの続きでが、すでに24時間ほどお米を袋に入れた中に突っ込んで放置していますが、電源はまだ入りませーん( ;∀;)ツライワ〜

思うんですが、あそこまで濡れたいたら、いっそ脱水まで気が付かなかったほうがよかったのかもしれません。もしかして、洗剤液がじゃましているのかと思ったり。

でも「3日ぐらいはみんな放置している」と夫の長男、アレクサンダーも言いましたんで、あと2日待ってみます。が、念のために明日は携帯電話会社に行って価格調査してみようと思います。はー。弱気です。

 

 

 

気分を変えてお料理でもひとつ。

マンネリ化しがちなインゲンですが、バターで風味をだしました。お鍋ひとつでできるのも大事なポイント。

洋食の付け合わせだけでなく、照り焼きやしょうが焼きなど和食のときにも、チカラを発揮する副菜です。

いんげんのバターソース和え

【材料】

  • いんげん・・・150グラム`
  • バター・・・大さじ1(有塩でも無塩でも可)
  • 塩・・・少々

 

【つくり方】

1.いんげんの下ごしらえ
いんげんは筋が気になるようでしたら取り、ヘタを切り落とします。好みで半分から三等分に切ります。小鉢ではなく、メインと一緒にお皿に盛りつける場合、長いほうが見ばえがします。

いんげんのバター和え

 

2.茹でる
鍋でお湯を沸かし、沸騰したら塩を加えます。塩の量はお湯の1%ぐらいですが、なめてみて塩味を感じるぐらいです。細めのものならだいたい2分ぐらいで茹であがりますが、いんげんが大きい場合、ようす見ながらもう少し茹でます。

いんげんのレモンオリーブオイル和え

 

3.和える
火が通ったらお湯をすて(水にはさらさない)、バターを加えてもういちど鍋を弱火にかけます。バターを溶かすようにからめ、味をみて塩でととのえます。

いんげんのレモンオリーブオイル和え

 

4.盛り付ける
お皿に盛り、お好みで炒りゴマやクルミを手でくだいたものなどをトッピングすると、歯ごたえもよく、おいしいです。これには松の実をトッピングにしました。

いんげんのバター和え

 

ポチッと応援のクリックお願いします。

 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください