ローストビーフで明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

大晦日は手抜きをしてスーパーのお惣菜で済ませましたが、元旦は夫が美味しいローストビーフを作ってくれました。

 

 

ロースト料理は夫の得意料理なので、わたしはほとんど手伝わず、ビールやワインを飲みながらキッチンとテレビの間を往復しながら見ているだけ。

エシャロットをじっくりと炒め、それをワインと煮込んだこれまた夫自慢のソースと一緒にいただきました。

 

 

夫はほかの家事にも積極的だしとても助かりますが、イギリス人の割にはかなり亭主関白な方だと思います(多くの男性が面白いぐらいに見事に尻に敷かれている)。

でも、うちの夫は自営業だし、わたしも考えが古いかもしれませんが、いちばん小さな社会単位である家で仕切れない人が、初対面の人とビジネスの契約に結びつけられるのか疑問なので、多少は威張らせてあげようと思ったり。

 

 

話しはそれましたが、買ってきた牛肉のかたまりは1キロ強。半分冷凍しようと提案したのですが、なにがかわかりませんが「大丈夫!」と言うので丸ごと焼きました。

でも中はほぼレアとはいえ、45分かけてじっくり火を通しているので、翌日の昼にはサンドイッチの具にもなるし、数日かけていろいろにして食べ切ります。

炊きたてのごはんと一緒にローストビーフ丼にもしようかしら。

 

今年もよろしくお願いいたします!

 

 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です