冷やし中華しょう油だれレシピ

「冷やし中華はじめました」の札が貼りだされる季節に日本に帰ることがあまりないので、今でもそうなのかはっきりとわかりませんが、わたしが育ったあたりでは「冷やし中華」のことを「冷麺」と呼んでいます。

焼肉屋などにある冷麺とは自分たちの中ではっきり整理されていて、それは「韓国冷麺」や「焼肉屋さんの冷麺」なんて言ったり。

なんだかんだ書きましたが醤油ベースのタレをご紹介します。最後まで飲んでしまいたいようなおいしいタレです。

 

冷やし中華しょう油だれレシピ

ふたり分

【材料】

  • しょう油…大さじ2
  • さとう…大さじ2
  • 米酢…大さじ2
  • スープ…50cc(粉末中華スープの素などを使っています)
  • ごま油…小さじ2

【作りかた】

  • 材料すべてを鍋に入れ、弱めの中火で砂糖が溶けるまで混ぜながら火にかける。冷やしてから好みのトッピングで召し上がってください。
  • レモンがある時はお酢の代わりに使うのですが、その時は火にかけずに冷めてから加えています。そして量も少し多めの大さじ3。夏の疲れが吹っ飛ぶ気がします。
  • スープの素の量はお使いのメーカーの指示にしたがってください。

冷やし中華レシピ

 

 

この日のトッピングは必ず入れたいトマト、残っていた肉そぼろ、ゆで卵、ワカメにルッコラ。

ちらし寿司の錦糸卵は好きですが、冷やし中華などの汁ものに入れると、おいしいスープをぜんぶ吸ってしまう気がするので(個人的見解です)ゆで卵にしています。でもスープを含んだ錦糸卵が好きという方もいらっしゃるのでしょうね。

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリックしていただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。

こちらと

こちらもお願いします

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。

 

 

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください