鶏肉のオーブン焼きと水没したiPhoneの復活

昨日は夕方に用事があって小1時間ほど出かけていたのですが、そのとき着ていたトレンチコートのそでが汚れているのがやたら気になってしまい、そうなったら頭の中はもうそのことでいっぱい。

家に着いたとたん靴を脱いですぐに洗濯機に直行し、まずは洗剤でそで口を湿らせ、洗濯機に慎重につっこんでスイッチオンにしたんですがね。

 

で、夕食のしたくもあるし、夫に帰宅時間を聞こうと思って電話を探したんですが、どこにもない!

気がついたのは洗濯機で10分ほど回した後でした( ;∀;)うそやーん

こんなふうにミスで壊したら、新しいiPhoneはポケットマネーで買い直さないといけないのかな、などと考えながら「iPhone 洗濯機 水没」で検索したら、対処法がでてきた。

 

ああ、神さま…ありがとう!なんて都合よく感謝しながらさらに検索していると、いろいろあるじゃない〜

ふむふむ、乾燥剤と一緒にナイロン袋に入れておくとといいのね。乾燥剤はあるし(海苔とかに入ってるやつ)、この手で行こうと思っていたら、義理の長男が「ライスと一緒に袋に入れて暖かいところに置くといいとみんな言ってるけど」と言う。

彼の友だち、どんだけiPhoneを濡らしてるんだろうか?と突っ込みたくもなったけれど、それどころではない。それにわたしも検索したときに「米の中に突っ込む」というのも見たけれど、イギリス人にまでそう言われたのでただちにその案を採用することにしました。

 

 

夫は腹ペコの様子だったので、料理と作業を同時進行していたら人参がややこげましたが、骨つきもも肉と手羽元のオーブン焼きです。味つけは塩コショウだけですがおいしいです。 ブロッコリー、芽キャベツそれにグリンピースは茹でて添えました。

ヨーロッパ人はグリンピースが大すきでいろんなものに添えます。芽キャベツもイギリス人の大好ぶつで、そろそろ旬だしたくさん出回っています。

 

で、電源はすでに落ちていたのでまずはSIMカードをはずし、iPhoneの穴という穴にソッとティッシュを差し込んで中の水分をできるだけ取りのぞく。かなり出ます。

そしていよいよお米の中にiPhonesを入れるのだけれど、なんだかジャポニカ米は使うのに気が引けたので、リゾット米と雑穀米ミックスをつかいました。

iPhone 水没

ジップロックなどに入れ、このまま丸一日ぐらいは置くといいらしいですが、また報告します( ̄▽ ̄;)結果はいかに⁉︎

 

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

AD

2 thoughts on “鶏肉のオーブン焼きと水没したiPhoneの復活”

  1. わぁ~
    一瞬固まりますね…😅
    どうぞ、復活しますように…パンパン!

    1. Sibachanさん
      一緒に祈っていただいてうれしい😭
      丸一日は待ってみますがどうでしょう。
      中からかなり水がでてきましたし、落としただけでなく回してるんで…😫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です