三色そぼろ丼レシピ

たまごにミンチ。便利な食材ですよね。価格は安定しているし用途も広い。

きょうは大すきなたまごとミンチで三色そぼろ丼を作りました。

アクセントの緑にはグリンピース(えんどう豆でも)を使って時短に仕上げています。

 

 

時短に仕上げたというと、なんだか手早くかしこい主婦のようでカッコいいですが、正直なところ、忙しいときなどはほうれん草などの葉もの野菜を洗って茹でて水にさらしてしぼってという、その工程のすべてがめんどうだったりします。

でも、これなら簡単ですし時短ついでに冷凍の豆でじゅうぶんおいしく召し上がれます。

 

 

肉そぼろは油で炒めず低カロリーにして、おろししょうがを加えてさっぱりさせました。卵そぼろにはお砂糖を加えていないのでしつこすぎず、最後まで飽きません。

どんぶりといっても汁を煮詰めるので、お弁当にもとても良いです。

 

 

三色そぼろ丼レシピ

約2〜3人分

ご飯さえ炊き上がっていれば、15分もあれば完成です。

【材料】

【肉そぼろ】

  • ひき肉(牛、豚、鶏などお好きなもの)・・・250g
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • しょうがのおろしたもの・・・小さじ1

【卵そぼろ】

  • 卵・・・2こ
  • 酒・・・小さじ1
  • 塩・・・少々

 

  • グリーンピースやえんどう豆(冷凍でも)・・・大さじ3
  • ご飯・・人数分

【つくり方】

1.グリーンピースの準備
さや入りのものはさやから出し、塩(分量外)を入れた湯で1~2分茹でる。冷凍のものは袋に書いているとおりに準備してください。

 

2.肉そぼろをつくる
鍋やフライパンに肉そぼろの材料をぜんぶ入れ、火にかけずに菜ばしやしゃもじで混ぜ、ほぐれたあたりで火をつけ、中火で3、4分ほど煮汁がほとんどなくなるぐらいまで煮る。

三色丼
*これは豚のひき肉を使っています。

 

3.卵そぼろをつくる
卵そぼろの材料をすべて鍋に入れて中火にかけ、菜ばしやシャモジなどを使って絶えずかき混ぜる。

三色丼

 

卵がこのくらいになったら火を止め、かき混ぜながらあとは余熱で火をとおす。

三色丼

 

4.仕上げる
器にごはんを盛り、肉そぼろと卵そぼろをのせ、最後にグリーンピースをのせる。

三色丼

 

しっとりとした大きめの卵そぼろが好きなのでそのように仕上げていますが、お好みの細かさに仕上げてください。

細かいのがお好きな方は菜ばしを4本ぐらい使って、絶えずかき回していただければそのように仕上がります。

お弁当用にはしっかりと火をとおしたほうが安心ですね。

 

 

7年前に98歳で天寿をまっとうしたうちのおじいちゃんは、このそぼろ卵のことを「なたね(菜種)」と呼んでいました。

神戸生まれで関西から出たことのない人だったのですが、ほかの都道府県でもこういう言い回しをするところがあるのでしょうか。

関西の人でも若いかたは知らないかもしれませんね。

このたまごを作ると、よく祖父を思い出します。

 

クックパッドさんにもアップしています。

Cpicon おいしい!時短!三色そぼろ丼 by いとしのイギリス

 

ブログをご覧の皆さん。
いつもありがとうございます。
きょうもクリック応援していただくとランキングがあがり
ブログを書くはげみになります。
どうぞよろしくお願い致します。

こちらと

こちらになります

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
ありがとうございます。

AD

2 thoughts on “三色そぼろ丼レシピ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください