あんかけたまご焼きとフォカッチャ

料理教室のお客さんのひとりが、新婚旅行で日本に行ったとうれしそうに話してくれたのですが「旅館の朝食でオムレツを食べたんだけど、上にかかっていたほんのり甘いのはハチミツ?」と聞かれてピンときました。

それは日本の出汁にみりんやらお砂糖などで甘味を付けて…。と餡の説明をしましたが、たまご焼きもそうだけど、欧米では料理自体にお砂糖を味付けとしてはほぼ加えないので、この甘い味付けが最初は珍しいらしいです。

でも、仕事で行ってから「きつねうどん」が好物になったという方もいてほほえましい。

イギリスから日本への観光旅行だと、最低でも2週間はいらっしゃるので、どこの国にでも言えますが食事が口に合わないと悲惨ですもの。

ほうれん草入りのあんかけたまご焼きを作りました。

でも、なんでも好きだからって入れすぎるもんじゃないですよね。ほうれん草が多過ぎてまとまらず、ちゃんと巻き切れていなかったのですが、餡がなかったことにしてくれました。

偉大な餡の包容力。

ところで、クックパッドさんに投稿しているフォカッチャですが、ビデオを作ってくださいました。

クリックしていただくとクックパッドの動画に行きます。

クックパッドさんからは「動画を作ったのでご覧ください」といきなり連絡をいただき、なんだか自分の子どもに「晴れ着を新調しておきましたよ」とどなたかに言っていただいたような、不思議で妙な感覚ではあります。

クックパッドさんではつくれぽに対する返信は今はできないようになっているので、ここであらためてお礼を言わせてください。

いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください