パブ飯 スカンピのフライ

週末、なにか料理を作れる状態ではなかったので、近所のパブに夕食に出かけました。

数日前からダイニングの改装工事をは始め、その初日にロンドンに一泊で行っていたのですが、予想をしていたものの、戻ってきたらその惨状にガッカリ。

古いシーツやナイロンの大きいカバーをかけて出かけたとはいえ、そのカバーの上もタイルの床も、どこもかしこもまるで大量の小麦粉を上から振りまいたよう。でも、これもあと3日の辛抱です。

念のためにパブに電話して空席を確認。店に着いて頼んだのはスカンピという手長エビのフライ。味も食感も甘エビに似ていて、柔らかく甘みがあっておいしい。

夫が頼んだのはステーキパイと言って、いわばシチューのパイ包み焼きのようなもの。グレービーソースをかけていただきます。どちらもビールによく合う。

パブ 食事

スカンピにはコールスロー、サラダ、チップス(フライドポテトをイギリスではこう呼ぶ)にタルタルソースとレモンが添えられて、夫のはパイ料理によく添えられる茹で野菜とやはりチップス。

パブ飯

食べ終わるとまたビールを注文して、外の席に移りました。夏のイギリスは夜の9時半まで明るい。

家の裏に食事のおいしいパブがあると、こんな時にとてもありがたいです。

地元

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください