スプリングオニオン Spring onion

外国に行くと日本にはないような野菜やフルーツを見かけることがありますが、これは見ためも味も日本の青ねぎとそっくりな『スプリングオニオン』というねぎ。

スーパーや八百屋さんにもかならずあり、季節を問わず手に入るのも、ねぎ好きにはありがたいこと。

でも、ひとつだけ疑問というか残念に思うことがあるのですが、どこで買ってもこの先っちょの部分がカットされているんです。

おそらく、出荷の箱詰めの規格寸法があって、そのためにカットされてるのではないかと思うのですが、どうも納得できません。

spring onion スプリングオニオン

このことを関東出身の人に話したら、その人の住む地域はいわゆる白ねぎが主流で、青いところはもともと使わないのでなんとも思わないのですって。

ふーむ。なるほど。

わたしはイギリスに住むまで関西から出たことがないので、ねぎ=青ねぎ。

鍋ものには白ねぎを入れることもありますが、すき焼きも九条ねぎなどの青いねぎを入れ、あまり煮過ぎないで、しんなりとしたところをサッと引き上げて食べると、ねぎの甘さが際だってとってもおいしい。

ということで、その青い部分をぜんぶ食べれないことへの物足りなさは、どうやら地域差があるようです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ポチッとクリック応援していただくととてもうれしいです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください