ビクトリアスポンジケーキレシピ

久しぶりにイギリスのケーキレシピをアップします。

イギリスで外出禁止令が出ているからといって、缶詰めばかり食べているわけじゃないんです(これはわたしが抱いていた当初のイメージなんですが…)。

スーパーには食材が揃っているので、今のところは食べているものは普段とさほどは変わってはいません。そして買い物に出かけたらお菓子用のクリームなどもしっかりと補充。だってこんな時は食べることへの楽しみが、いつも以上に増すってもんです。

これは大すきなケーキなので一年中作っているのですが、こういう時期は特に、ジャムの赤い色に心が踊ります。

ビクトリアスポンジケーキレシピ

18cmケーキ型

材料

  • バター…110g
  • 薄力粉…110g
  • グラニュー糖…110g
  • たまご…3個

フィリング

  • 生クリーム…約150cc
  • ジャム(イチゴやラズベリーなど)…大さじ4〜5

仕上げ用

  • 好みで粉砂糖…少々

※フィリングのジャムとクリームの分量ですが、家庭のお菓子なのでお好みでどうぞ。

※生クリームにはお砂糖やグラニュー糖などを加えないのがイギリス風です。

作りかた

1.オーブンは170度で予熱開始。型はバターを塗り小麦粉(分量外)をまぶしておきます(必要なら紙も敷いておく)。きょうはせっかくなので紹介がてら、イギリスでよく使われる浅い型を使っていますが、普通の深さの型を使って焼いてから半分に切っても、同じように仕上がります。

2.室温に戻したバターと砂糖を泡だて器でホイップクリームのようになるべくふんわりと泡立てる。すり混ぜるだけよりも焼き上がりがふんわりとおいしく仕上がります。電動泡立て器でならさらに楽です。低速でゆっくりと。

3.そこへ溶きほぐした卵をスプーン1杯ずつぐらいを少しずつ加え、泡だて器でそのつど混ぜていきます。めんどうくさいようですが5分もかからないし、このひと手間で口当たりがとても軽く、断然おいしくなります。※たまごも室温のほうがバターと分離しにくいです。

4.たまごをぜんぶ加え混ぜたらふるった小麦粉とベーキングパウダーを一度に加え、優しく、ダマが残らないように混ぜる。

5.型に入れ、表面をならしてからオーブンへ。型ふたつを使う場合、均等にふたつに分けて入れる。普通の高さのある丸型で焼く場合、170℃で25分~30分。写真のように浅い型2枚で焼く場合は15分から20分ぐらいです。※お使いのオーブンによって若干の差がありますので、楊枝等で刺して何もついて来なければ焼き上がり。

6.焼きあがったら型から取り出し、網の上で冷ます。高さのある丸型の場合は冷めてからちょうど半分くらいのところで切る。

7.ジャムを先に塗り、その上に泡立てたホイップクリームを塗る(ホイップクリームにはお砂糖は加えません)。

上にもう一枚をかぶせ、完成。お好みで粉砂糖をふってください。

切り分けるのは1時間ぐらい置いてから。さらにしっとりとします。

ビクトリアスポンジケーキ

5 thoughts on “ビクトリアスポンジケーキレシピ”

  1. おいしそう。
    先日焼いたアメリカンクッキーを食べ終わったら作ってみようと思います。
    レシピをありがとうございます。バターと生クリームを買ってくればとりかかれます。

    日々、何かと落ち着きませんが今に集中して生活したいと思います。

    1. みほさん
      コメントありがとうございます。
      アメリカンクッキー、おいしそう😊飾らない風貌も好きです。
      こんな時、3食以外でも、なにかちょっとつまめると日常を感じられてうれしいものです。
      ストレス溜めるなというほうが難しいですが、お互いに頑張りましょう。

  2. 初めまして。クックパッドのベイクウェルタルトのレシピから、こちらに辿り着きました。
    お菓子作りが好きなこともあり、素敵なブログで拝見していて気持ちがほっとしたので、コメントさせて頂きました。

    1. mmさま
      コメントいただきありがとうございます😊
      そう言っていただけるとうれしいです。
      イギリスのお菓子については、文字制限のあるクックパッドよりもこちらに色々と書いているので、なにか参考になるかもしれません。
      また質問等ありましたら気軽にコメントしてください。

  3. ご丁寧にありがとうございます😊
    宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください